貸切バスの大きさは用途によってタイプが異なり、全長6~12mというのが一般的で、大型バス・中型バス・マイクロバスがよく利用されています。用途や乗車する人数に合わせてバスの大きさを決めるようにしましょう。

 

貸切バスの大きさ

全長は約6~12m、定員は9~60名となり、用途や乗車人数によっては荷物を積んで移動したい場合、タイプによって容量も異なります。

バスの大きさによって貸切バスを利用する料金や、高速道路などの料金(有料道路区分)も変わってきますので確認が必要です。

 

貸切バスには5タイプある

最も全長が長く乗車定員が多いのが大型バスとなり、次いで中型バス・小型バス・マイクロバス・ミニバスとなります。

小型バスやミニバスは、全国的に所有しているバス会社は少ないため、大型バス・中型バス・マイクロバスが最も多く利用されています。

 

大型バスの大きさ

大型バスの大きさ

全長は約12m、定員は35~60名(正座席45席と補助席8席が一般的)となり、高速道路などの料金(有料道路区分)を調べる際は「特大車」を参照するようにしましょう。

 

中型バスの大きさ

中型バスの大きさ

全長は約9m、定員は27~28名(最後部が3席で補助席は無いのが一般的)となり、高速道路などの料金(有料道路区分)を調べる際は「大型車」を参照するようにしましょう。

 

マイクロバスの大きさ

マイクロバスの大きさ

全長は約7m、定員は18~28名(正座席18~21席と補助席6席が一般的)となり、高速道路などの料金(有料道路区分)を調べる際は「中型車」を参照するようにしましょう。

 

小型バスの大きさ

小型バスの大きさ

全長は約7m、定員は21~25名(正座席25席で補助席は無いのが一般的)となり、高速道路などの料金(有料道路区分)を調べる際は「中型車」を参照するようにしましょう。
小型バスは現在製造中止となっており、所有しているバス会社も全国的に少ない状況です。

 

ミニバスの大きさ

ミニバスの大きさ

全長は約5m、定員は9~13名となり、高速道路などの料金(有料道路区分)を調べる際は「中型車」を参照するようにしましょう。

 

~貸切バスのことならバス旅ねっと~

貸切バスに関わる全ての”お困り事”は、プロのノウハウで解決!

WEBからのお問い合わせ(24時間受付中)
お見積りはこちら→ https://www.bus-tabi.net/form_yoyaku.php

営業時間:9:00~18:00(日祝休)
お電話でのお問い合わせはこちら→ 0120-948-408