貸切バスの料金計算は、国土交通省で定められた運賃制度によって計算されています。
貸切バスの安全性向上を図る取り組みの一環として、運賃制度が抜本的に見直され、安全と労働環境改善コストが反映された、合理的で分かりやすい時間+キロ併用制運賃が平成26年4月より適用されています。

料金には上限額と下限額がある

貸切バス事業者は、運輸局が定めた料金をもとに、上限額と下限額の範囲で計算の上、決定しています。
下限額以下の運賃で運行させてしまうと、行政処分の対象となり、貸切バス事業者の場合、一定期間バスの運行ができなくなります。
旅行業者の場合は、関与が疑われると旅行業法に基づく措置が講じられます。

時間制運賃+キロ制運賃で計算される

時間制運賃+キロ制運賃で計算される

●時間制運賃
出庫から入庫までの走行時間に、出庫点検と帰庫点検の各1時間(合計2時間)を加えた合計時間×時間制運賃の単価で計算されます。
(最低保障の3時間+点検時間の2時間の計5時間が運行時間の下限となる)

●キロ制運賃
出庫から入庫までの走行距離×キロ制運賃の単価で計算されます。

料金の種類

●深夜早朝運行料金
22:00~5:00に係る運行は、その係る時間については2割を限度とした割増料金が適用されます。

●交替運転者配置料金
長距離・長時間・夜間運行などで、安全運行のために交替運転者を配置した場合に適用されます。

交替運転者配置料金の計算
時間制料金=下限額~上限額
キロ制料金=下限額~上限額
※運輸局が公示した料金

●特殊車両割増料金
サロンカー、リフト付きバス等は、運賃の5割以内の割増しを限度として適用されます。

時間制運賃の最低保障

時間制運賃の最低運賃(3時間)を維持しながら、出庫前・帰庫後の点検時間として2時間が全ての運行に加算されます。

●時間制運賃
例)3時間運行の場合
5時間(3時間+2時間)×時間あたり運賃
例)9時間運行の場合
11時間(9時間+2時間)×時間あたり運賃

上記に出庫から帰庫までの回送を含めた距離(キロ制運賃)が加算されます。

運送以外の費用は実費となる

運送以外の費用は実費となる

下記については、貸切バスの料金とは別に発生しますので、必要に応じてトータルでいくらかかるのか、事前に把握しておきましょう。

・駐車料金
・有料道路の通行料金
・バスガイド料金
・フェリー航送運賃
・乗務員の宿泊代金や食事代

 

~貸切バスのことならバス旅ねっと~

貸切バスに関わる全ての”お困り事”は、プロのノウハウで解決!

WEBからのお問い合わせ(24時間受付中)
お見積りはこちら→ https://www.bus-tabi.net/form_yoyaku.php

営業時間:9:00~18:00(日祝休)
お電話でのお問い合わせはこちら→ 0120-948-408