温泉も自然も多い栃木県にキャンプ旅行へ

温泉も自然も多い栃木県にキャンプ旅行へ

こんにちは!街の金木犀の香りでいよいよ秋が来たなと感じているたけちゃんです。
秋といえば「行楽の秋」ですが、皆さんは秋の旅行の予定はもう立てていますか。
もしまだ決めてないという方がいましたら、たけちゃんからはキャンプ旅行をオススメさせてください。
昼間の気温も快適な秋は、キャンプなどのアウトドアを楽しむのにピッタリな季節です。
豊かな自然に囲まれながらのBBQやアクティビティは、日頃の疲れをきっと癒してくれますよ。
今回は、栃木県のオススメキャンプ場の紹介と、疲れを癒してくれる栃木県オススメの温泉地を紹介します。

栃木県のオススメキャンプ場3選

北関東に位置する栃木県には、世界遺産に登録されている日光東照宮や別荘地としても親しまれてきた那須高原など、人気の観光地がたくさんあります。
都心からのアクセスも良いので、日帰り旅行先としても人気です。
そんな栃木県にはキャンプ場もたくさんあり、自然に囲まれたキャンプ場や広大な敷地で開放感のあるキャンプ場など、それぞれ魅力もちがいます。

清流でアクティビティも楽しめる【オートキャンプ那珂川ステーション】

栃木県と茨城県の県境付近に位置する「オートキャンプ那珂川ステーション」は、関東屈指の清流「那珂川」沿いにあるキャンプ場です。 20区画あるキャンプサイトはフリーサイトになっており、1区画は10m×10mと広めなので、大人数でのキャンプも楽しめます。 宿泊利用だけでなく、日帰りのデイキャンプでも利用可能。 テント泊に少し抵抗がある方は、気軽にアウトドア気分が味わえるバンガローに泊まるのもオススメです。

那珂川でカヤックやラフティングを楽しむ

オートキャンプ那珂川ステーションには、目の前の那珂川で楽しめるアクティビティが用意されています。 カヤック、ラフティング、春と秋の期間限定で体験できるカナディアンカヌーの3つのツアーがあり、スリルを味わいたい方にはラフティング、のんびりと川で揺られたい方にはカヤックかカナディアンカヌーがオススメです。 どのツアーも、オートキャンプ那珂川ステーションに宿泊しているかは関係なく体験できます。 子供も大人も楽しむことができ、インストラクターがついてくれるので、初めての方も安心です。

キャンプ道具をレンタルして荷物をなるべく減らそう

オートキャンプ那珂川ステーションでは、一部キャンプ道具のレンタルが可能です。 テントのレンタルはありませんが、シュラフやイス、コンロなどは借りられるので、荷物が多くなりがちなキャンプ旅行で、少しでも荷物を減らせます。 カヤックやラフティングのツアーには、手ぶらBBQプランが付くものもあり、アクティビティを楽しんだ後に、用意してくれた食材でBBQを楽しめます。 飲み物は含まれていないので、事前に用意しておきましょう。

<施設詳細>

駅を囲う珍しいキャンプ場【みよりふるさと体験村キャンプ場】

キャンプ場といえば、山の中や海の目の前、川沿いなどにあるのが定番ですが、栃木県日光市にある「みよりふるさと体験村キャンプ場」は、駅を囲うように作られたキャンプ場です。 東京からの直通電車も停まる無人駅「中三依(なかみより)温泉駅」にあります。 空き地を活用したキャンプ場なので施設が充実しているわけではなく、少し玄人向けです。 一方で、テントやシュラフなどのレンタルもあるので、キャンプ道具を持っていかなくても楽しめます。

BBQ食材の販売あり

みよりふるさと体験村キャンプ場でのBBQは、屋根付きのBBQ場で楽しむことができます。 コンロや網などのレンタルがあるほか、炭や薪は購入可能。 食材も、国産肉のBBQセットや牛ミニサーロインステーキなどが購入できるので、ほぼ手ぶらでBBQが楽しめます。 飲み物だけは自分たちで用意する必要があり、1番近いスーパーは車で30分以上かかるので、食材も含めて必要なものは事前に買い出ししておきましょう。

貸切で大人数のキャンプもできる

みよりふるさと体験村キャンプ場をグループ旅行などの大人数で利用する場合は、一部エリアを貸し切ってキャンプをするのがオススメです。 貸切できるエリアは約250㎡の広さがあり、最大で16名まで利用できます。 大人数でのキャンプは、周りを少し気にしてしまうことがあるかもしれませんが、貸切キャンプならその心配がいりません。

<施設詳細>

日帰りのファミリーキャンプを楽しむなら【箱の森プレイパーク】へ

栃木県那須塩原市の標高634mに位置する「箱の森プレイパーク」は、豊かな自然に囲まれた施設で、キャンプやBBQ,アスレチックなどが楽しめます。 箱の森プレイパークでのキャンプで、テントを利用できるのはデイキャンプのみです。 宿泊で利用したい場合は、山小屋風の一戸建て施設「ケビン」に泊まることができます。 園内には日帰り温泉施設の「遊湯センター」があり、遊んで疲れた身体を癒すのにピッタリです。

BBQは手ぶらでOK

キャンプ道具のレンタルはない箱の森プレイパークですが、BBQについては設備が充実しています。 屋根付きの常設炉付きBBQ場で、最大150人まで利用できる団体専用のエリアも完備。 鉄板やトング、お皿などの備品もレンタルできます。 食材のセットもあり、コースはまんぷくコースとミニコースの2つです。 4〜5人前のまんぷくコースには、牛・豚・鶏肉合わせて1kgと野菜、焼きそばなどが含まれています。 もし食材が足りなくなっても、お肉を単品で追加することも可能です。

巨大アスレチックやおもしろ自転車、体験教室もある

箱の森プレイパークは子供連れのキャンプにピッタリの施設です。 自転車広場で2人乗りの自転車など10種類のおもしろ自転車に乗れたり、自遊館童夢にいる珍しいクワガタやカブトムシを見たり、巨大なアスレチックで遊んだりと、子供の喜ぶものがたくさんあります。 体験教室に参加することもでき、教室は2種類。 コマやヨーヨーなどを作る木工教室と、粘土からお皿などを作ったり、絵付けの体験もできる陶芸教室があります。

<施設詳細>

キャンプで疲れた身体を癒す、栃木県のオススメ温泉地3選

栃木県は関東屈指の温泉王国というのをご存知でしたか。
栃木県で湧く源泉の数は630を数え、これは関東一の多さです。
歴史の長い温泉も多く、1番古い温泉で1,300年以上の歴史をもちます。
今回は、そんな温泉王国の栃木県でオススメしたい温泉地の紹介です。

渓谷美と屋形船を眺めながら温泉を楽しむ【鬼怒川温泉】

栃木県日光市を流れる鬼怒川沿いに位置する「鬼怒川温泉」。
泉質はアルカリ性の単純泉で、筋肉痛や神経痛、疲労回復などの効能が期待できます。
鬼怒川温泉にあるホテルの1つ「鬼怒川仁王尊プラザ」は、独特の露天風呂が楽しめる施設です。
鬼怒川ライン下りに使っていた屋形船をそのまま浴槽にしたものや、湯あみ着を着て鬼怒川を見ながら入る舞台の湯などがあります。
日帰り入浴の受付が夜20時までと、遅くまでやっているのもオススメポイントです。

<施設詳細>

栃木県最古の温泉【那須温泉郷】

栃木県の北側、活火山の茶臼岳中腹に位置する「那須温泉郷」。 約1,380年前の飛鳥時代に開湯したしたとされる温泉で、栃木県にある温泉の中では最も古い温泉です。 那須温泉郷には7つの源泉が湧き出しており、「那須七湯」とも呼ばれています。 そのうちの1つ「鹿の湯」は、那須七湯の中でも1番古い温泉です。 奥の細道で知られる松尾芭蕉も立ち寄った温泉で、硫黄泉の白濁したお湯が特徴。 温度の違う浴槽が6つ(女湯は5つ)あり、短熱浴という独特の入浴方法を体験できます。

<施設詳細>

全国有数の美肌の湯を堪能できる【湯西川温泉】

栃木県日光市の日光国立公園内に位置する「湯西川温泉」。 源平合戦で知られる平家が戦いに敗れた後、逃げてきたこの地で温泉を見つけ、戦いの傷を癒したという伝説が残る温泉です。 アルカリ性単純温泉で少しぬるぬるする湯西川温泉のお湯は、全国有数の美肌の湯として知られ、大手旅行サイトによる美肌の温泉地ランキングで1位を獲得したこともあります。 湯西川温泉の入り口付近にある「道の駅湯西川」は、全国的に見ても珍しい天然温泉に入浴できる道の駅です。

<施設詳細>

栃木県へのキャンプ旅行に貸切バスで行きませんか

キャンプ旅行の移動手段はレンタカーや自家用車を使う方が多いと思いますが、次のキャンプ旅行は貸切バスを利用してみませんか。
特に、会社仲間やサークル、近所の家族同士など、大人数でキャンプに行く場合は、貸切バスはピッタリの移動手段です。
貸切バスのタイプもさまざまで、長さ・高さ・乗車可能人数の違うバスが数種類用意されています。

運転は全てお任せできて楽チン

レンタカーや自家用車で旅行をすると必ず誰かが運転しなければいけないので、運転で疲れてしまいます。
長時間の移動となると、運転手の負担もかなり大きいですよね。
貸切バスであれば、運転は全てプロの運転手がしてくれます。
皆さんは車内でくつろいでいるだけでいいので、長時間の移動も気になりません。

みんな一緒に移動できる

大人数で旅行をするときにレンタカーや自家用車を利用すると、バラバラに移動することになります。
せっかくの旅行なのに、みんなで移動できないのは寂しくないですか。
貸切バスを使えば、移動は1台だけでできます。
カラオケで盛り上がったり、サロンタイプという向かい合って座れるバスに乗って語り合ったり、グループみんなで有意義な時間を過ごせるのは、貸切バスの魅力です。

キャンプ道具が多くても、食材を買い込んでも問題ない

キャンプ旅行で気になるポイントの1つが「荷物の多さ」です。
キャンプ道具は1つ1つ大きいものが多いですし、BBQをする場合は食材や飲み物を買い込んで行くことになります。
普通車だと、積み込みきれるか心配になるかもしれませんが、貸切バスなら心配いりません。
バスのサイズによっても変わってきますが、1番大きいタイプの大型バスの場合、スーツケース30〜40個入るスペースがあります。
これだけあれば、買い出しで我慢する必要もありませんね。

貸切バスで行く栃木県の日帰りキャンプ旅行モデルコース

【行程】宇都宮駅(9:00発) ~ オートキャンプ那珂川ステーション(10:30~16:00) ~ 鬼怒川仁王尊プラザ(18:00~20:00) 〜 宇都宮駅(21:30)
【料金】大型バス 110,000円~175,000円

オートキャンプ那珂川ステーションでBBQを楽しみたい方は、BBQ付きのアクティビティを予約するのも良いですが、食材や飲み物は自分たちで用意していくほうが、自由度が高くてオススメです。
貸切バスでも、途中でスーパーに寄る行程を組むことができます。

よくある質問

Q1 レンタカーと貸切バスの違いとは?

A. レンタカーは一緒に行く誰かが運転することになりますが、貸切バスはプロのドライバーが運転を担当します。
なので、運転手の方のご負担(運転する負担、レンタルする負担、現地でお酒が楽しめない)など、一切気にすることなく皆さんで楽しめるものとなります。

Q2 到着が渋滞で予定より遅れた場合はどうなる?

A. 渋滞で遅れた場合には一切追加料金はいただきません。
ただし、当日に行程を変更するや目的地の滞在時間が予定よりおしてしまったなどで到着が遅れた場合は追加料金が発生します。
今回のようなケースでは追加料金は発生しませんので、ご安心ください。

Q3 立ち寄り場所は自由に決めることできますか?

A. 貸切バスは自由に行程内容を決めることができます。
例えば、ご家族同士でバスを使う場合は、当日の買い出しや帰りにお土産を購入するために道の駅に寄ったりしたいですよね。
そういったみなさんの希望に沿ったプランを自由に作ることができるのが貸切バスの良さです。
是非、みなさんで一番楽しいプランを作ってみてください。
ただし、タクシーのように当日にあっちに行きたい、こっちに行きたいはできないので事前にプランを決める必要があります。

たけちゃんの自己紹介

【名前】たけちゃん
【所属】バス旅ねっと営業部営業課
【好きな食べ物】チョコレート、お酒
【性格】周りからは「優しい人」と言われます。人と接するときに嫌なことは絶対にしないと決めて行動しているかもしれません。
【趣味】食べ歩き *おすすめは広島県宮島です。
【私の信条】貸切バスを通じて、お客様の想い出づくりのお手伝いをさせていただき、幹事様とご乗車された皆様に喜んでいただくこと。
【私の強み】お問い合わせからご利用まで親身になってお客様対応すること。その結果、貸切バスご利用後に、お客様より「本当に楽しい旅行になりました。たけちゃんに頼んでよかったです。」とお客様より喜びの声をいただいております。
【ブログを通して】
ブログをご覧くださった方のお役に立ちたいと思っております。皆様のご事情に合わせてよりよいご提案をさせていただきますので、気になることがありましたらお気軽にたけちゃんまでご相談ください。本ブログが皆様の想い出づくりのきっかけになりますように。

バス旅ねっととは

バス旅ねっととは、延べ173万人以上が乗車利用した「貸切バス予約サイト」です。全国3019社以上のバス会社のなかから、お客様一人一人に合わせた最適なバス会社をご提案します。
では、弊社が選ばれている理由を3つご紹介いたします。

1、業界No1のお客様サポート
お客様一人一人に対して専任担当がつきます。
担当が代わることがないため最後まで責任もってご対応させていただくと共に、不明点やご要望などもお気軽に相談ができます。
さらにお問い合わせが初めての場合でも、専任担当がバスの種類、日時、エリアといった利用条件だけではなく、他社には無い詳細な項目までヒアリングすることで、本来お客様が叶えられたい目的やお客様の潜在的なニーズに合わせたご提案をさせていただきます。

2、地域の最適なバス会社・ドライバーを選定
全国3019社以上のバス会社のなかから、ご提案プランを実現できる地域の最適なバス会社を選定いたします。
しかし、バス会社ってどこも同じではないかと思われますが、実際は、バス会社はどこも同じではありません。気さくなドライバーから職人気質なドライバー、結婚式の送迎を得意としているバス会社から海外のお客様専門のバス会社まで千差万別となります。
お客様のヒアリングをもとにお客様に合わせた最適なバス会社をご提案します。

3、行程表の作成や代行サポート
貸切バスとはお客様にて自由にルートを決めることが魅力ですが、その反面、行程表の作成や出発場所の指定、現地の駐車場などはお客様が全てご用意することとなり、バスの知識や地域の情報がないと思った以上に苦労してしまいます。
私どもはお客様のご負担を地域の交通状況を踏まえ、出発場所の選定や目的地までの所要時間を綿密に調査し、スムーズな運行になるよう行程表を作成いたします。
また、現地の駐車場などの代行サポートにより、幹事様の負担も軽減することができます。

バス旅ねっとは、バスの利用方法、バス会社・ドライバーの選定、行程に関することは全力でサポートできる仕組みが整っております。
初めての方も安心してご相談できますので、興味を持たれましらお気軽にお問い合わせくださいませ。