希望通りのバスを探してもらえて、バス会社とのやり取りもお任せできた

中日本高速道路株式会社

業種:インフラ
視察/中型バス/神奈川県

東京都から滋賀県までの中部地方を中心とした高速道路の管理運営をしている中日本高速道路株式会社。東名や新東名、中央道、名神など日本の交通や物流を支える重要な高速道路である。
近年では高速道路の運営だけではなく、新たな事業として温泉施設の運営や高速道路の沿線にある地域の畑を使って、地元の農家さんと共同で設立した農業ビジネスにも取り込んでいる。
日本の重要なインフラを管理運営し、新規事業も展開する同社に、今回は、貸切バス利用の経緯やバス旅ねっとの感想について伺いました。

バス会社がいろいろあってわからなかったけど、バス旅ねっとさんは希望通りのバスを探してくれた

── 今回、どういった目的で貸切バスを利用しましたか?

髙橋さん:私が広報課に所属しておりまして、マスコミの方や学生さんに現場見学という形で、高速道路の工事現場を案内させて頂く機会がございまして、今回は、その工事現場まで行くための交通手段として貸切バスを利用しました。

髙橋さん:高速道路の工事の内容って、一般の方には「どんな工事をしているんだろう?」とか「どういう目的なの?」となかなか分かり難いものがあるんですね。
そういった中で、工事自体の趣旨をご理解いただくために実際に工事現場にマスコミの方や学生さんを招待して、建設や工事の内容を説明する現場見学を実施しているんです。

髙橋さん:今回、バス旅ねっとさんの貸切バスで行った場合ですと、工事現場が東名の大和トンネルというトンネルなんです。
大和トンネルは交通渋滞が非常に起きやすいトンネルで、渋滞を解消するために道路の車線を増やす工事をしていて、そちらの工事現場を見学していただきました。

髙橋さん:あとは当時はまだ開通していなかったんですけど、開通することでより便利になる道路ということで、建設中の道路の工事現場も見ていただきました。

── バス旅ねっとを選んだ理由を教えて下さい。

髙橋さん:貸切バスを利用しようと思った際に、バス会社もいろんな会社があってどこにお願いしていいかわからなかったんです。
けど、バス旅ねっとさんはこちらの要望を伝えるだけで希望通りのバスを探してもらえますし、バス会社との窓口になってくれてバス会社とのやり取りも必要ないことがわかったので依頼しました。

髙橋さん:今回は、車内でDVDが見れて出来るだけ新しく綺麗なバスという細かい要望を依頼したんですけど、バス旅ねっとの担当者の方が親身になって取り組んで調整いただけたので助かりました。

行程内容を事前に確認し、バス会社にも共有してもらったので当日の運行もスムーズに

── ありがとうございます。当日の現場見学の成果はいかがでしたか?

髙橋さん:行程担当の方に行程内容を事前にしっかり確認していただいて、バス会社さん方にもちゃんと伝わっていたので、当日の運行はともてスムーズに進みましたね。
実際、バスの車体も依頼していた通り綺麗な車体だったので良かったです(笑)。また、運転手さんの運転も非常に安全運転で安心できました。

── 今後、バス旅ねっとのサービスで改善点すべきところはありますか?

髙橋さん:申込みの際、書類に社印が必要になったので、そういったところを担当者印やオンラインでも対応できる様にして欲しいなと思います。
これは弊社の都合なんですけど、本社が名古屋にありまして社内間で書類を郵送でやり取りする必要があったので少し時間が掛かりましたね。

── それでは最後に今後の御社の展望をお聞かせ下さい。

髙橋さん:今、管内の約6割の区間の高速道路が開通から30年以上経過しており、大幅なリニューアル工事を進めています。大規模な工事になりますので、それだけ年数も掛かってしまうんですけど、最も重要なのは安全に通行していただくことなので、皆様にご理解いただきながら、交通安全を第一に考えてリニューアル工事を進めていきたいと思っています。 また、IoTやAIなど最新技術を取り入れることで点検作業や維持作業の高度化・効率化、そして効率的な輸送システムの実現を目指しています。

髙橋さん:また、日本での温泉施設や農業だけではなく、アジア・北米を中心とした海外も含めた新しいサービスを展開していきたいと思っています。

オンラインインタビューを踏まえ、わかりやすく丁寧にお答えくださった高橋さん。オンライン化などの当社の課題にも真剣にご指摘いただき本当に貴重な意見を伺うことができました。大変お忙しい状況の中、取材にご協力いただきありがとうございました!